mairo0816のブログ

こころの病と三度目の結婚

彼と彼の母親との再開

朝いきなり彼から連絡がありました。内容は

下着がないとのこと。


コインランドリーを使うにしても小銭も洗剤もなく、もう下着がない様子でした。


どこにいるの?と私が言うと 住んでいるマンションの近くと言うのです。


まだ朝の9時なのに…。仕方ないので家にある彼の下着をかき集めて袋に入れました。


玄関前まで来て と彼に渡そうとしました。

彼はうつむきながら袋を受け取ったまま

帰りません。 何かあった?聞くと今から自分の母親に会うことと発達障害者センターのカウンセラーの方と3人で面談するとのことでした。


彼が母親と再開するのは1年以上ぶりです。

大丈夫かな?と思いましたが本人は大丈夫とケロッとした感じでした。


何かあるの?再度聞きました。 実は今住んでいるカプセルホテルに苦手な人がいる、狭いところに住んでいるのは辛いとのことでした。


ちょっと待ってて と言って知り合いに彼の現状と疲れきっている状態を伝えました。

ちょっとケースワーカーの方と調整しますと

言って約1時間後、滞在先を変えてくれました。


本人はほっとした様子で母親に会いにいきました。


何時間かして、母親はとても優しかったし

自分の障害を知ってくれて 嬉しかったと言ってきました。


発達障害は家族も含めてフォローしないといけない障害です と何かで聞いたことを思い出しました。


彼にとってまた1人の理解者が増えて良かったと思います。


私はゆっくり休むために入院の準備を始めています。