mairo0816のブログ

こころの病と三度目の結婚

私の整理

彼が無理矢理に入院してから、毎日が辛い日々だった。


どうしたらいい?と身体が動かないが交互にやってきて、ベッドから出れなくなっていた。


心配した友達が差し入れをしてくれることが何よりも有り難かった。


身体中の痛みに湿布を貼って、病院へ行くことが増えた。


そんな私が何か変わらなければいけない と

思ったときに頭に浮かんだのは今のマンションを引越して新しいスタートを切ることだった。


沢山の思い出はあっても、イヤな思い出は忘れよう!


スマホ片手に不動産屋さんに電話をかけて

ちょうどいい物件を探し、二件目の物件で決めた。不動産屋さんは引越業者の紹介までしてくれたのでまだ楽だった。


家賃も今まで住んでいたところより狭くなった分、安くなった。


沢山の荷物を捨てて、軽くなった状態で引越はあっという間に終わった。


彼には彼の友人の名前で(男の人が書いたような文章にして)引越したよ、住所と電話番号を教えておくな!と送った。


両親からは 引越ばかりして と言われたが こっちの事情もくんでよ とは言い返せなかった。


そんな生活がスタートして間もなく、転送された手紙が届いた。


彼からだった。