mairo0816のブログ

こころの病と三度目の結婚

理不尽な環境に戦う

私たちが付き合って一年満たない頃、彼が病院や家族からあり得ないような理不尽な対応を受けているのを知った。


私の中で怒りがふつふつと湧いてきた。

何で年金を全部、両親に預けられてるの?(約200万以上)自分のことを理解してくれない主治医に診てもらわないといけないの?

気に入ってもいない作業所にいるの等々…。


彼にどうしたい??と聞いた。逃げたい…。

じゃあ、私が体調の良いときに調べてみるから!


そこから脱出計画が始まった。

弁護士さんをお願いした方が良いから、法テラスを使うか…

主治医は私の自宅近くの評判の良い先生は?など。

あちこちに電話をかけて調べつくした。


主治医は紹介状はいらないらしい…

処方されている紙はあるし…

弁護士さんはメドがついた。


計画前夜、彼は荷造りして宅急便で送ってきた。


脱出した日、二人ですぐに住民票を移して

年金事務所へ行った。

銀行へも行き、年金の通帳の再発行手続きまでしてクタクタになった。


心配しないようにと事業所の方に挨拶して

彼は母親にも連絡した。


そして、ある日のこと銀行から連絡があった。彼の父親が捜索願を出したとのことだった。


結果、私たちの脱出計画は1週間で終わり

再会は7ヶ月後になってしまった。